モビット
≪SMBCモビット≫ネットで24時間お申込OK!限度額800万円☆金利3.0%〜18.0%☆
不動産担保ローンとは?

キャッシングやカードローンとはちょっと関係ないと思いがちですが、不動産ローン・住宅ローンも借りる時にキャッシングやカードローンと関係してくるので、参考までに読んでおいてください。

不動産ローンは大きく分けると二つあります。

一つは不動産担保ローン、もう一つは不動産融資ローンです。

不動産担保ローンとは、金融機関が不動産を担保として融資をすることで、借り主は自分名義の土地や建物といった不動産を所有していなければなりません。

担保とする不動産の価値により、数十万円から数億円単位の高額な融資が可能になるのが不動産担保ローンの特徴。不動産担保ローンは、融資を受ける際の審査が迅速で、短期間で融資が実行される点がメリットです。

不動産担保ローンの融資金額は担保になる不動産によって決まります。ある意味では価値を予め把握しておけば、借り入れができる金額もある程度わかってきます。

不動産担保ローンで融資された融資金は、事業・不動産投資など利用目的の幅は広いです。当たり前ですが、住宅ローンは住宅の購入にしか使えません。

住宅を買うのであれば

ごく一部ではありますが、自分の自宅を購入する際に、すでに自分が持っている不動産を担保にして購入するケースもあるそうです。ただし、金利は通常の住宅ローンと比べると高く設定されています。ですので、住宅を購入しようとするときは住宅ローンのほうがお得なので住宅ローンを利用しましょう。

 

不動産担保ローンも、他の融資と同じで返済を続けられる収入があることが必須です。

がしかし、もし万が一、返済を続けることができなくなった場合には、残った債務の弁済のために物件が競売などの方法で処分されるので、収入があるから融資が有利になるということよりも、不動産の価値で決まる傾向にあるようです。

審査基準や金利、融資年数など細かい条件は金融機関によって異なりますので、自分にあった金融機関を選んでローンを組むのがいいでしょう。

ちなみに、事業に必要な融資を受けるために、自宅を担保にして融資を受けるという考えもありますが、住宅ローンが残っている状態だと不動産担保ローンは通らないことが多いので、そのあたりは注意が必要になります。