モビット
≪SMBCモビット≫ネットで24時間お申込OK!限度額800万円☆金利3.0%〜18.0%☆
キャッシングとカードローンの違いは?

キャッシングとカードローンはお金を借りるという点では同じですが、カードローンとキャッシングは若干の違いがあるのは意外と知られていません。

今回はキャッシングとカードローンの違いをまとめてみます。

キャッシンとカードローンの違い

キャッシングというのはクレジットカードのついている借り入れができる機能のことをキャッシングといいます。

10年くらい前まではキャッシングでも借り入れの限度額が50万円100万円くらいあったこともあるそうですが、一般的には数万円〜数十万円になることが多いです、いわゆる小口融資という形です。

返済方法は一回払いとリボ払いになることが多く金利は高くなります。

カードローンはノンバンク系・銀行系の金融機関が発行するカードによって借り入れができるサービスのことを言います。

審査の時に借り入れの額が決まるので、その限度額内であれば借り入れが可能で、限度額に関してもキャッシングよりも幅が広く、十数万円〜数百万円になることがあります。

返済方法はリボ払いになることが多く、分割も選べる会社もあります。金利はキャッシングと比べると低いです。

キャッシングとカードローンの違いは金利

キャッシングとカードローンはお金を借りるという点においては、全く同じですが、仕組みが違います。

最も大きな仕組みの違いは、金利と返済方法です。

キャッシングは金利が高めで一括かリボ払い・カーードローンは金利が低めでリボ払いか分割

キャッシングは注意が必要

キャッシングはクレジットカードのついているので、つい利用しがちですが、金利が高いのはデメリットです。一般的にはカードローンよりも手軽に借り入れができるのでうれしい反面借金苦の原因になることもあります。

よって、できればカードローンを利用したほうが金利が低くなり、返済の計画も立てやすくなります。

カードローンを利用しよう

カードローンは、免許証などの身分証明書(金融機関によっては収入証明書も)ががあれば審査ができるところがほとんどで、中には数分で審査をしてくれて即日融資をしてくれたり、ネットで申し込み即日融資をしてくれます。

ですので、お金を借りたいときはクレジットカードのキャッシングではなくカードローンのキャッシングを利用していきましょうね。