一般的なローンとキャッシングの違いとは?

ローンとは、直訳すると「貸付金」とか「公債」という意味になりますが、計画的な返済を意味する場合に使われることが多いと思われます。

住宅ローン自動車ローン教育ローンビジネスローン不動産ローンなどといった使途目的による融資以外のローンと、使途目的を限定しないフリーローン(キャシングやカードローン)に分けられます。

返済期間が長く、金額も大きく担保を要するもの、例えば住宅ローンなどは金利が低く、短期で小口・無担保のカードローンなどは金利が高めになります。

つまり大口の場合はローンが有利とのこと。

住宅ローンはその最たるローンです。

キャッシングとは、カードを使って金融機関から小口融資を受けることで、最近では「ちょっとした現金を借りる」ことをキャッシングという定義で呼んでいることが多いですね。

キャッシングでは、ATMやCD(キャッシュ・ディスペンサー)から現金を引き出して借り、限度額以内であれば、使いみちも自由。

いつでも好きなときに融資を受けることができ、いざというときに素早い対応が可能です。

金融機関によっては、短期間の貸出しをキャッシング、中長期間の貸出しをローンと呼んでいるところもありますが、実際には両者を明確に区別しているところはあまりないようです。

つまりお金を借りるということに関しては変わりはありません。

利率は各金融機関で異なりますので、キャッシングする前に確認することが大切です。

返済方法は、ローンとあまり変わりません。一括返済のほか、利用件数や金額に関係なく、毎月の返済金額を一定額に設定して支払いを行うリボルビング返済方式や、毎月の返済する金額・最低支払金額が借りた金額に応じて変化する残高スライドリボルビング方式などいくつかありますので、キャッシングの際に確認しましょう。

また、返済日も契約時にきちんと確認しておく必要があります。

さらに、キャッシングの際には、収入に応じた無理のない返済計画をたて、それにあった返済方法の金融機関を選ぶようにしましょう。