キャッシングとローンの借り方と注意点

キャッシングとは消費者への小口の無担保融資をキャッシングと呼びます。消費者金融ともいわれており、利用している人はかなり多いですね。

キャッシングやカードローンで融資を受ける際に必要な書類は、免許書や保険証など。

また、貸し出し金額は、一般的に100万円くらいまでですが、中には500万円まで融資するという業者もあります(しかし、500万の貸し出しをしているキャッシング会社は気をつけましょう)。

キャッシングは無担保で借りられる反面、銀行よりも金利が高めなのが特徴ですが、通常は出資法の上限金利を超えることはありません。

キャッシング・カードローンの借り方

そんなキャッシングですが借り方は大きく分けて2つ。

ATMでカードを利用してキャッシングをする借り方と、ネットで自身の銀行に振り込んでもらう借り方の2種類です。

比較的多いパターンは、ネットでカードローンを申し込んで銀行に振り込んでもらい、それと同時にカードを発行してもらって次回以降はATMでキャッシンをするというパターンだと言われています。

いずれにしても、最初の申込みだけクリアしてしまえば、借り方はすごく簡単です。困ったときにはありがたいサービスです。

注意点

注意点としてはやはり借りすぎないという点に付きます。

コンビニや銀行のATMでキャッシングができるのは便利ではあるのですが、気軽にキャッシングできてしまうという点ではデメリットになるのかもしれません。

足りない分を補って、それを小分けにして返済していくというのが本来の使い方ですが、なかには毎月定額を借りるようになってしまうケースも多々あります。

そうなると返済が厳しくなってきます。そうならないように、あくまでも急な出費と何かしらで足りなかったぶんを補うという形にとどめておき、毎月定額をキャッシングするというふうにはしないようにしたほうがよいでしょう。

 

 

 

貸金業を営む場合、国(財務局)か都道府県の登録を受けなければなりませんが無登録で貸金業を営む業者や違法に高い金利で貸付を行う業者を「ヤミ金融業者」といいます。

ヤミ金には絶対に手を出さないように!

もし不幸にして、ヤミ金からお金を借りしてしまった場合は、警察や弁護士などに相談したほうがいいでしょう。大きくなってからでは遅いです